Adobe Flash Player緊急更新 ゼロデイ脆弱性

Adobe Flash Playerにゼロデイ脆弱性があることが明らかになりました。バージョンが古いままだと、脆弱性「APSB15-14」を悪用するコンテンツを開いた場合、Adobe Flash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行される危険性あります。

現在、最新版「Adobe Flash Player 18.0.0.194」がAdobeの公式サイトで公開されています。必ず最新版に更新いただきますようお願いします。

Windows8用「Internet Explorer10」、Windows8.1用「InternetExplorer11」、「Google Chrome」には、標準でAdobe Flash Playerが同梱されているため、Windows Updateでも最新版のAdobe Flash Playerが更新プログラムとして提供されています。

今使用しているAdobe Flash Playerが最新版かどうか確認する方法

下記のWebページのURLアドレスをクリックし、インストール済みのAdobe Flash Playerのバージョンを確認できます。

■Adobe Flash Playerのバージョンチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 皆様ご存じの通り、いよいよ「Microsoft Office 2010」のマイクロソフト社のサポー…
  2. 平素は大変お世話になっております。誠に勝手ながら、ジオックス・パソコンスクールでは下記日程を夏季休…
  3. 平素よりジオックス・パソコンスクールをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。現在、新型…
PAGE TOP